トゥチャ風情

現在の位置:首のページ > トゥチャ風情 > トゥチャ建築

 


家屋の位置や地形
トゥチャ族民家建築主の分布僻遠遅れた武陵区、複雑な地形の特徴を決めたトゥチャ族民家建築の多い山沿いに建てられた、しかも多くの麓、家屋が帯状の「一」字に並んで、一般的に30戸を住みユニット(すなわち生産小組)、五十個小ユニット構成が居住大ユニット(裏)、多くの土家族世帯傍水で栖、川の辺と渓溝辺建設家。この山沿いに建てられた、傍水で栖の民家建築の体制で解決したトゥチャ生存と発展の中の柴薪や水、釣りや狩猟民族問題などが生息し、推進。
生活のため大山岳地帯、トゥチャ族民家建築の近くに川の溝が縦横に、こんもりと茂って山林を大量に地表水、鍾乳洞(つまり鍾乳洞)に聞きながら泻出、川の水源四季十分優良、枯れることはありません。これはトゥチャ居住環境の中で非常に重要な方面。また、トゥチャ族の民家家屋すぐ隣合っている平ハ上の田園(平坦地開発され、水田)家裏山で、大量に開発した土地に、蕎麦、豆類、いも類など栽培家作物。
人は大柵か単に家、一戸建て、どんな小姓は大族は、土家族も多い家屋の週りが植え樊蓠(野生の稠密低木茂み)またはその他のイバラ(例えば面取り刺、閻魔刺、猫の爪の刺など)として、抵抗御他人、禽畜と野獣の壁で、一般的に菜園を包囲を含む。ある人を得て週辺密植藍竹、雌の竹、水竹、苦竹、金竹などの竹林で週囲を植えたり、他の風水の木々の(例えば桂子、スモモ、ビワ、オレンジ、クルミ、柳など)、眺めて、緑を見て、木が互いに屋は、防チョーク沙遮荫涼しくて、気持ちも美化家怡。
家屋の外郭構造
トゥチャ族民家建築の多くは木造や土砂構造。木造家屋に表面定礎から建時、多く使う山石材作底:1は、1---2メートルの人工条石を敷いて基板として板の「外壁パネルに基づく」。石工たちは自然石加工長方形の人工条石を敷いて、各型条石を敷いてに開けて美しい花柄、また条石を敷いて上方切り開く親指幅の本のすきまをちりばめ、板入り(作の家屋の「板塀」、つまり今の壁)。2は、特別に磨きをかけて彫り後の立方体や圆体大石「柱の礎として礅」であり、週りに家の中を支える柱や他の木の柱梁用途頭。人工石作で底に基づく渝东東南南土家族民家木造建築で非常に普遍的で、その美しく見えると防湿の二重の機能は深くトゥチャ族の庶民に人気の。
土砂が家屋泥料注入やれんがに分けて2種類。泥料注入先に固定する家屋の主体の壁面に木の柱を2層の竹を挟み板金型(中空構造、高さ約50メートル、幅約20メートル、木の柱一護中間)、そして土を混同铡割れた稲わら、石灰混合を攪拌して、灌漑を続けて、その陰干しにじっとしている後は外して金型を挟んで、更に漸次上へ注入。土煉瓦れんがを建は異なっていて、まず木煉瓦を自制箱の金型、田泥で作る規模の数が原始泥レンガ、また職人錘線を「三や泥」(土、石灰、真砂)を壁(ごく少数の人はれんがで自然石混合三や泥」進行れんがの壁、すなわち石屋)。渝东南土家族民家の土砂が通常よりも高い建物の壁の人、壁頂カバー瓦やわら、構造の多くは1階の底底板舗装階で、放置部外道具や燃料は、住んでいる人は少ない、屋根屋根)。
形から構造の上で見て、渝东南土家族民家建築のきわめて少ない「四合院」で、多くは「塵取り口形」、つまり、母屋の両端に均一整然と修理2壁られるが、その廂房又は庁(下殿)は「水上家屋式」建築、階下を家畜欄圏、トイレというか柴房、階上供人宿泊。母屋の前の土砂ダム(家計平坦な状況の良いは、ダムセメントでは「三や泥」を平らに硬化)に干し、五穀の雑穀、取りしきる冠婚葬祭と臨時集会の際の道場の延席で。家の近くには大抵「にゅーす」、栽培が土家族日常消费用の各種の土地を囲んで、リングエッジは植観賞用の美しい草花。
いくらは家の大、小、幅、狭く、渝东南土家族も習慣が一般住宅が一本の「中梁」(担梁、家屋の真ん中にいれば1本の棟木)が、比較的正家屋重心と家屋の重さを。屋根瓦に覆われた、飛閣上げひさし、趣流丹、色とりどりの模様を飾って。富裕格式張るの家、塀に囲まれても住宅外郭にずらりと住所(作保護家用)、塀が正門、通称「朝ドア」。一般的に「朝門」と一緻している住宅真ん中の部屋のドア。不吉を避けるため、さらに在朝門や玄関のドアピラー母屋に、心をこめて刻制龙狮状の荒いモンスター鎮邪気平安を守る。
トゥチャ族民家建築中の木瓦構造の住宅、たいてい水上家屋、つまりは下では、数本の柱がある上を支える木楼楼体の建築(現地人称の「陽楼」や「虚階)。「魏書.りょう伝』が記載:「依木積み木、その上には居、名は手すり」、「大きい木で、眠る作独足階。高百尺、五色の瓦を、腐って若錦鱗、歌飲夜遅い、その上縁の宿。」土から