トゥチャ風情

現在の位置:首のページ > トゥチャ風情 > トゥチャ服飾
 
トゥチャ族の女性で着たのは無職満襟衣。衣を左のカーディガン。上から裾までもらっスカート足が一寸五幅の刺繍レース、袖がそれぞれ大二人三条レース、大レース一寸五幅が広いレース、小さな指。袖大1尺2寸ごろ、レースと同じ幅袖、ズボンの約1尺5寸。また、胸にコートエプロン、通称「お母さん、エプロンでスカート」は半円形で、下から上を三角形、半円形や足もサークルレース、幅約1寸。エプロン胸が花刺繍約五寸四方を持って、すなわち花帯はいずれも五彩糸が織り成す、一般二尺ばかりの両端を殘して、それぞれ三寸未織の花緩。女性の手先とトゥチャ。
トゥチャ族の子供のウエア多くないを重んじて、主に重視するのは鞋帽。子供みたいに戴猫尾帽、帽子額では金銀をの13の菩薩は、中間大の観音座像を、両辺釘が十八羅漢像、虎帽両側から両頬の前に銀フック、子供係帽で、帽子の山の両侧で白兎毛から作られ虎耳に掛かって、前銀の鈴、虎帽用深紅の反物生地刺繍し、前ひさしが「王」という字があるのに、後頭部刺繍双竜宝などの絵を持って、胸に黄金の首飾り銀メダルに「福・祿・寿、吉祥」と書かれ、帽后悬が金のくさり銀梁。子供の靴も虎の靴、赤呉服し生地、つま先後ろへひっくり返っ、耳に挿して兎の毛刺繍、前の「王」という字、両側の刺繍。トゥチャ族はタタリ虎のは、子供を戴虎帽、虎虎の靴は「を撫でない」、邪悪侵害、魔除け壮威の両方を子供は無邪気で活発な威武